五等分の花嫁 1巻から5巻を読んでの感想・レビュー

五等分の花嫁 1巻から5巻を読んでの感想・レビュー

どうも輝輪です。

週刊少年マガジンで連載中の五等分の花嫁について感想を書いていきます。

五等分の花嫁  あらすじ

高校2年生の上杉風太郎は、成績優秀だが、生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。ある日、風太郎は中野五月という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。風太郎はこれを断り、五月の怒りを買う。その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のため、その仕事を受ける。

風太郎の仕事は、五月をはじめとする中野家の五つ子に勉強を教え、落第寸前の五つ子全員を高校卒業まで導くというものだった。五つ子のうち、はじめから風太郎に協力的な態度を取ったのは四女・四葉のみだったが、風太郎は五つ子と交流する中で三女・三玖と長女・一花の信頼を勝ち取る。その後、風太郎たちは、五つ子が転校してきてからは初となる中間試験を迎える。試験に際し、風太郎は五つ子の父親から娘に赤点を取らせないよう求められ、それができない場合は家庭教師を辞めさせる、と通告される。風太郎はこの要求に応えられなかったが、それまで風太郎に非協力的だった次女・二乃が風太郎を庇ったため、家庭教師を続けられることになる。

中間試験終了後、風太郎たちの高校で林間学校が実施される。その会場で、一花は風太郎に好意を抱いていることを自覚する。かねてより三玖が風太郎を好いていることに気づいていた一花は身を引こうとするが、逆に三玖から発破をかけられる。一方、二乃は金髪のを被った風太郎と出会い、正体が風太郎であると知らずに好意を抱く。

林間学校終了後、風太郎たちは期末試験に向けて勉強を始めるが、その最中、二乃と五月が喧嘩し、2人とも家出するという事態が起こる。事態の解決に奔走するが上手くいかず、落ち込む風太郎の前に、小学生のときに出会った「写真の子」が現れる。

引用:「五等分の花嫁」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://goo.gl/HzbXyX)。2018年8月12日10時(日本時間)現在での最新版を取得。

五等分の花嫁 1巻から5巻を読んで 感想

五等分の花嫁は王道ラブコメ漫画です。

イベントだって花火大会や林間学校等やりつくされたネタですし、「林間学校途中にヒロインと小屋に閉じ込められる」なんて描写があるんですが林間学校の途中でヒロインと2人きりになるなんてそれなんてラブコメ。

しかし。だがしかしですよ。そんなこと関係ありません。

だって5人のヒロインがみんなかわいいもの!!!!!!

かわいいは正義なんです。偏見ですが、ラブコメ漫画なんだからヒロインに魅力があればいいんです。

五人五色で全員かわいい。

全員に違ったストーリーがある。

なので、読んでて話に幅がありますし、どのヒロインが脚光を浴びるかで話が変わります。

ラブコメ好きの方に是非読んでほしいです。

最後に

私は三女の三玖推しです。

引っ込み思案な彼女が勇気を出して主人公にアプローチしていく姿に心打たれます。

では、arrivederci