週刊少年ジャンプ2018年41号のあらすじ・感想

週刊少年ジャンプ2018年41号のあらすじ・感想

どうも輝輪です。

前号の感想は以下の記事で書いています。

週刊少年ジャンプ2018年40号のあらすじ・感想

では、週刊少年ジャンプ2018年41号について私が「気になった or 面白いと思った」作品について語っていきます。

呪術廻戦 第26話 いつかの君へ

呪術廻戦 ざっくり あらすじ

虎杖に現場待機するよう電話で訴えるナナミン。

伊地知もナナミン同様に虎杖を止めようとしますが、虎杖は順平の元へと向かいます。

虎杖 vs 順平 の悲しい戦いが始まります。

順平は戦いながらも自分の話を聞いてくれる虎杖に母が死んだことを打ち明けます。

その話を聞いた虎杖は順平を高専に誘います。

そんな2人に不敵な笑みを浮かべながら近づく真人。

果たして順平の運命や如何に?!次話に続く!

呪術廻戦 ざっくり 感想

順平のセリフに下記のようなものがありました。

「人に心なんてない」

「そうでなきゃ」

「母さんも僕も 人の心に呪われたって言うのか」

母親が死んだことが、人から溢れた負の感情の塊の「呪霊(真人)」に仕組まれたと思うとやりきれない気持ちでいっぱいです。

本当に真人は救いようがありません。早くぶっ飛ばしてほしいですね。

しかしまた 虎杖 vs 順平 が始まりそうな予感。

誰かに仕組まれた勝者なき不毛な戦いなんて見たくありません!

私の期待を裏切りハッピーエンドが待っていることを望みます。

ぼくたちは勉強ができない 問78.心尽くしの賜物は時に[x]の錯綜となる

ぼくたちは勉強ができない ざっくり 感想

成幸は自分の家から帰ろうとする文乃に誕生日プレゼントを渡します。

男の子から誕生日プレゼントを初めてもらった文乃でしたが、中身を確認するとなんとビックリ!ブラジャーが出てきました。

成幸はボールペンを渡したつもりでしたが、袋が似ていた未開封の妹のブラジャーを文乃に渡してしまったようです。

パッドを4枚も入れなければつけられないブラジャーをわざわざ次の日につけてくる律儀な文乃。

様々な勘違いから、文乃は成幸に

「君のくれたブラジャー・・・ 嫌じゃなかったから・・・っ」

と打ち明けます。

そこで2人のすれ違いは終わり、成幸はボールペンを渡します。

中3の水希より小さい胸を気にする文乃に成幸はイケメンを出します。

「好きになった人だったら」

「そういうのあんまり関係ないと思うけどな・・・」

「俺は」

しかし気を使わせたと思い落ち込む文乃。まだまだ恋愛関係には発展しない?!

ぼくたちは勉強ができない ざっくり 感想

貰ったブラジャーをつけてくるなんて!!!!それ!!!なんてエ(以下略)

もう付き合えばいいのにという感想しかうまれてきません。

成幸は純粋な笑顔で

「あっ どうだ?! 使い心地は?!」

と聞きますがただのセクハラです。どうもありがとうございます。

それに対して文乃は

「えっと・・・気持ちは嬉しかったんだけど・・・」

「ちょっぴり合わなかったかもって・・・」

って気持ちは嬉しいんですか??え??ブラジャーを貰って嬉しい???

これはもう確実に文乃は成幸に惚れていますね。

最後に

「ぼくたちは勉強ができない」の最後のページの柱にフロイトのセリフが書かれていました。

「コンプレックスは消すのではなく、調和を保つよう努めるべき」

貧乳も巨乳もいいんです!

では、arrivederci